薄毛と血液検査

薄毛専門クリニックではなぜ血液検査をするのでしょうか

血液検査

薄毛治療のためにクリニックに通う場合、治療メニューのなかに血液検査が組み込まれていることが多いです。
なぜ血液検査をするのか戸惑う方も多いでしょう。

 

血液検査をする理由は、そうすることで有効な治療法を確定するためです。

 

薄毛治療の効果的な治療方法は、特にAGAの場合は投薬での治療が一般的です。

 

そのために、薬の処方が可能であるかを調べるために、血液を検査して肝機能や感染症の有無、さらに腎機能までもチェックします。

 

また、鉄分不足や亜鉛欠乏症などが脱毛症など薄毛につながる疾患を引き起こす原因になると考えられているため、そういった兆候がないかを調べるためにも血液検査はとても重要なものといえるのです。

 

そうした結果をふまえて、患者さん1人1人にあった薬やサプリメントを処方してくれるのです。

 

気になる費用ですが、クリニックによって幅があるので一概には言えないものの、平均して5000円前後といったところが相場のようです。

 

結果が分かるまでは約1?2週間を要することがほとんどで、その結果を元に様々な角度から診断をし、問題がなければ治療がスタートします。

 

一見薄毛の治療とまったく関係が無いようにも思える血液検査ですが、有効な治療をしていくためには非常に重要なものなのです。

 

さらに、血液を採取する意外に、口腔内の粘膜を採取して検査をするという方法を取り入れているクリニックもあります。

 

こちらは身体への負担が少なく、費用も比較的安価であることが多いです。

 

いずれにせよ、治療を開始する前に身体の状態を詳しく知っておくことが何よりも大事なのです。

 

これから治療するクリニックを決めるという方は、治療に入る前にどのような検査を行うのか、またはその費用や期間などについても理解しておくのが良いでしょう。