はげ 治療

育毛剤の効果とは?

はげって言われるといい気分がしませんね。
だから一刻でも早く治療をしたいのですが、どんな治療をすればいいのでしょうか。

 

はげの初期段階では育毛剤の利用が最も多いようです。
価格も安く、周囲の人に気づかれにくいのが理由です
特に若い世代では収入が低いため、治療費が高額になってしまう専門医などを利用するのを躊躇ってしまう傾向にあります。

 

実ははげは育毛剤で治療するのは難しいのです。
育毛剤の使用パターンは概ね次のようになります。

 

はげの治療について

  1. 口コミや評判を見て効果がありそうな商品を購入
  2. 数か月利用
  3. 効果がないので、他の商品を選別

 

ここで効果がない、という言葉には3種類の意味があります。

 

  1. 現状維持
  2. はげが進行
  3. はげがさらに進行

 

1なら少し効果があったと言えます。
2は育毛剤としての効果がないケースです。
3は全く治療の効果がなかったばかりか、育毛剤の成分が体質に合わなかったのかはげが悪化してしまったケースです。

 

育毛剤の口コミなどで効果があったというのは、実は1になります。
ブラシーボ効果による一時的な改善もあるかもしれません。
ですが結局は根本的な治療になっていないので、数年、数十年後にはツルツルになってしまう可能性が大きいのです。

はげの原因は?

なぜはげになる

なぜ育毛剤にはげ治療の効果が無いのでしょうか?

 

それは根本的な原因を取り除いていないからです。

 

最近若ハゲの人が多くなっています。20代、30代で薄くなるばかりか、ツルツルになってしまうケースも多いようです。
原因としては第一にストレス、次に生活習慣、遺伝です。

 

パーマや脱色によるダメージも原因の一つとして挙げられますが、これは一時的なものです。はげの症状が進んでいなくて適切なケアをしていればやがて回復します。

 

はげとストレス

はげの原因

社会に出ると仕事や人間関係などストレスの元は無限に存在します。

 

特に自分で解決できないトラブルや悩みなどは、いつまでもまとわりつき、心ばかりか体にまで異常をもたらします。
顕著なのが抜け毛です。これがさらなるストレスとなり、さらに抜け毛が増えることになるのです。

 

ストレスの原因である人から、「最近老けたね」と言われるのはショックですね。

 

はげと生活習慣

はげになったら

毛が薄いのは体質が原因なので、諦める。という論調の文章を読むことがあります。

これは間違いです。
体質とは日々の生活が作るものです。
体が弱いなら、毎日少しづつでも軽い運動をしていけば、だんだんと強くなっていきます。

 

はげになりやすい生活習慣があります。
喫煙や飲酒、寝不足など体に悪いと言われている行動は全て薄毛につながっています。

 

また食事もダイレクトに髪の育成に影響します。
髪に良い食事をとるようにしましょう。

はげと遺伝

はげ治療の費用

体質と同じように、遺伝もはげの原因として挙げられます。

 

親・祖父・親戚。みんなはげだから、自分もはげになる。だから仕方がない。

 

これは間違いです。

 

遺伝ははげの原因ではありません。
はげになりやすい原因です。

 

適切なケアをしていれば、薄毛になる確率が減少します。
育毛剤に頼らず、生活習慣やストレス発散などに気を付けるようにします。

適切な治療とは

適切な治療は自己流だとうまくいきません

 

可能ならAGA治療などの専門医・クリニックを受診しましょう。
もちろん費用は育毛剤と比較になりません。

 

その為、もっと貯金がたまってからという人も多いでしょう。
ですがはげが進行する度に、必要な金額は加速度的に増大していきます。

 

毛を生やす力はだんだんと減少していきます。
これを活性化させるのは、とてもタイヘンです。
期間が非常にかかるのです。
その分治療方法が高度になるので、費用がかかるのです。

 

まだ初期段階での治療をすれば、早く安価で済むのです。

 

はげは治る

睡眠と育毛

AGA予防に、睡眠が深く関わっています。

 

毛の成長は寝ているときに起こると言われていますが、その言葉の通り就寝中に成長ホルモンは分泌されます。成長ホルモンは睡眠後30分から3時間の間をピークに分泌されますが、成長ホルモンは髪よりも疲れた体や内臓を優先的に修復するので、しっかりと睡眠がとれていないと髪の成長にまで影響が出ないのです。

 

睡眠時間は8時間はとった方がいいといわれる事もありますが、誰でも確実に長時間睡眠を取りづらいという現状があるかもしれません。

 

しかし、睡眠時間を計画的にきちんととることによって、自律神経や副交感神経といった、自分の力では変えようのない部分のバランスも整えることができるのです。

 

きちんと睡眠がとれていると、ホルモンのバランスもとれてきます。

 

不規則な生活や睡眠時間の減少などの生活を続けてしまった場合、ホルモンのバランスが崩れ活動を優先する交感神経が働き、体を休める副交感神経の働きを阻害した状態になってしまい、さらに男性ホルモンも増加してしまいます。男性ホルモンの増加は頭皮の皮脂を増やし抜け毛が起こりやすくしてしまいますし、さらに強力なDHTというホルモンを作り出し毛髪の育成を阻害してしまうという悪い影響ばかりを引き起こしてしまうのです。

 

睡眠不足は体の不調を引き起こすだけでなく、毛髪が育成しにくい環境を作り上げてしまう原因になってしまいます。

 

しっかりと睡眠をとるということが健康な髪を育て、AGAを予防することにもつながるのです。

AGA関連サイト

更新履歴